音楽理論

コード / コードネーム

 

コードは、原則として

ある音(Root)に3度ずつ音を積み重ねて構成されています


Cm7、A7、などの「コードネーム」は


  1. Root の音名

  2. 3度、5度、7度の音程

  3. それ以外の音がある場合その度数と音程


を、次のような文字配置で表しています



Root


音名

3度

 

長3度なら 省略

短3度なら m

7度

 

長7度なら Maj7

短7度なら単に 7

5度、及び、9、11、13度

 

完全5度なら 省略

増5度なら aug5、+5、#5

減5度なら dim5、ー5、♭5


9、11、13度が追加される場合、その度数と、必要に応じて#や♭を付けて記す


CMaj7

Maj7の文字は7度の音程が長7度である事を表す。

3度、5度は省略されているので、それぞれ長3度と完全5度。


C 7

3度、5度は省略されているので、それぞれ長3度と完全5度。

単に7と書かれている場合7度は短7度。


Cm7

mの文字は3度が短3度である事を表す。

5度は省略されているので完全5度。

7は短7度を表す。


CmMaj7

mの文字は3度が短3度である事を、Maj7の文字は7度の音程が長7度である事を表す。

5度は省略されているので完全5度。


Caug

augの文字は上寄りに書かれるのが望ましいが、このように下よりに書かれる事も多い。

5度が増5度、3度は長3度

7の文字が無いので7度は無い

この辺

(7の後)

に書く事

もある

M3

P5

Root

M7

m3

P5

Root

m7

m3

P5

Root

M7

M3

aug5

Root

目次index.html
次about_code.html
前nakatobira_02.html

M3

P5

Root

m7