音楽理論

主要三和音 / 代理和音

 

メジャー・ダイアトニックコード の内

Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ

のコードには、それぞれ異なる機能があります


  1. Ⅰ → トニック(コード)= T

  2. Ⅳ → サブドミナント(コード) = SD

  3. Ⅴ → ドミナント(コード) = D


この3つのコードを

主要三和音

と呼び

以下のような関係にあります

△7

△7

-7

-7

7

-7

Ⅶø7

T

SD

D

今後の説明では、音名の代わりにトニックからの度数をローマ数字にし

Majやmを△や-に変えた書き方が多くなります

この表記にも慣れていって下さい

主要三和音 以外の

Ⅱ、Ⅲ、Ⅵ、Ⅶ

のコードは

トニック、サブドミナント、ドミナント

の代わりとなり得る機能を持ち

代理和音

と呼ばれます


  1. Ⅱ → SDⓢ = サブドミナント代理(コード)

  2. Ⅲ → Tⓢ = トニック代理(コード)

  3. Ⅵ → Tⓢ = トニック代理(コード)

  4. Ⅶ → Dⓢ = ドミナント代理(コード)

△7

△7

-7

-7

7

-7

Ⅶø7

Tⓢ

SDⓢ

Tⓢ

Dⓢ

代理和音

主要三和音

△7

△7

-7

-7

7

-7

Ⅶø7

T

SD

D

Tⓢ

SDⓢ

Tⓢ

Dⓢ

主要三和音

代理和音

 
  • 前
  • 目次
  • 次