音楽理論

ハーモニックマイナー・スケール
ハーモニックマイナー・ダイアトニックコード

 

そして

このスケールを基に

3度、5度、7度を積み重ねた

ハーモニックマイナー・ダイアトニックコード

これまで見てきた

ナチュラルマイナースケールから

7度を半音上げて長7度にした

ハーモニックマイナー・スケール

-7

-7

Ⅱø7

  +5

7

7

7

Ⅶ°7

Tm

SDm

D

Tmⓢ

SDmⓢ

主要三和音

代理和音

SDmⓢ

Dⓢ

トニックから7度の音「G」が

半音上がって「G#」になったので

ドミナントコードの3度が長3度となり

セブンスコードになりました

これでマイナーキーに於いても

ドミナントコードとしての役割が果たせます


同時に

トニックコードは「Ⅰ-△7

ドミナント代理は「Ⅶ°7


そしてトニック代理の♭Ⅲは

ここで初めて出てきたコードタイプ

オーグメント・ メジャーセブンス

となります

C aug Maj7

C オーグメント・メジャーセブンス

(C △7 +5

(C aug △7

M3

aug5

Root

M7

目次index.html
次m_min_diatonic.html
前n_min_diatonic.html